はじめに
一生で一番想い出深い時。それは、初体験のときです。
結婚式の日、誰もが幸せです。でも、処女喪失は、必ずしも幸せとは限りません。また、ロストバージンに、恐怖を感じる方もいらっしゃいます。経験豊富なカームが、幸せに、そして後悔することなくロストバージンを迎えるお手伝いをします。
このような女性に
なるべく痛くない処女卒業をお望みの貴女、 誰にも知られず秘密のうちに初体験したい女性、 男性との接点がなく困っている乙女、 処女であることに強いコンプレックスを感じている少女、 高齢で悩んでいる独身女性、 未経験の彼女への対応に悩んでいる男性、カームのホームページを一読ください。あなたの初体験に少しでも役立てば幸いです。
客観的、科学的取り組み
処女喪失、あるいはセックスというと、どうしても興味本位で扱われてしまいます。それは、致し方ないことですが、ここでは、処女喪失と正面から向き合い、なるべく客観的、科学的に初体験を捉え、処女の悩みに対応できるよう努力しています。例えば、科学的な研究により、女性も男性と同じくらいエッチなことを考えていることが示されています。自分がエッチすぎるなどと心配しないでください。
処女喪失の痛みに対しては、種々の方法を試し、サポートを開始したころと比較して、かなり進歩しております。また、処女膜の状況は、千差万別です。中には、通常の男性では無理だと思うような方もいらっしゃいましたが、そのような方でも、女性が拒否しない限り処女喪失できております。ご安心ください。
これまでのサポートを振り返って
これまでカームは、多数の処女喪失をサポートしてきました。
恐怖でガタガタと震えてしまった方、プレッシャーやこれまでの体験を思い出し感極まって泣き出してしまった方、平然とされていた方、一時の恋に落ちてしまった方、快感に浸っていた方・・・初めての性体験を迎える様相は多様であり、また、破瓜の痛みも人それぞれでした。これらは、クライアントの大切な思い出となるとともに、カームにとっても、一人ひとり個性のある思い出でとなりました。
このように多種多様なロストバージンでありますが、処女喪失された後は、ほとんどの方がすっきりとした顔をしていました。やはり、私を頼ってくださった女性は、心に大きな重荷を背負っていたのだと思います。
処女喪失できたことは、私とクライアントの間で喜びを分かち合うものでした。また、ロストバージンという忘れがたい瞬間に立会い、それを助けることができたことにも喜びを感じています。現実主義者のカームですが、なにか見えない大きな力を感じます。クライアントの年齢、容姿はさまざまでしたが、処女喪失の瞬間は、みんな美少女になったと思います。
最善の選択ではありませんが
ロストバージンは、恋愛して、好きな人と迎えたいと考えるのが普通です。でも、そのようにできない人もいることも事実です。また、自分が未経験であることを意識しすぎると、彼とのロストバージンに何の問題もないにもかかわらず、そんなことはできない、未経験だなんて言えないと思い込んでしまっている女性もいます。そのような人には、メールで説明し、納得していただき、彼と初体験することになった女性もたくさんいます。
このような形でクライアントのお役に立てることも本望ですが、そのような場合であっても、「最後はカームさんに処女喪失を頼むことができる」と思うと、心に余裕が持てると書いてくださった女性もいます。
最後に
私は、多くの女性の処女喪失を助けてきましたが、それぞれ事情があって、カームとのロストバージンのSEXに至っています。大きく分けると、処女喪失の痛みを心配されている方と、未経験であることが恥ずかしいと考えている方がいます。後者については、何歳になっても、バージンは恥ずかしいことではありません。わからないことは、何でも聞いてください。初体験は、その後でも遅くありません。初めてのセックスを急ぐ必要はありません。私のサポートには、18歳未満を除き、年齢制限はありません。30代40代でのサポートの事例も多数あります。ご安心ください。
実は、多くの女性は、初体験の詳細をよく覚えていません。痛いし、戦場のような慌ただしさで、それどころではないのです。私のクライアントの場合は、痛みが少なく、普通よりは落ち着いていますが、よく覚えていないことがあります。でも、私と初めての時を迎えたことは、初恋や結婚とともに、一生忘れない思いでとなると思います。もし、早く処女を捨てたいとお考えなら、少し残念です。私はいつも、クライアントの大切なものをいただいていると思っています。

クライアントへのカームの返信から
【外見を気にされて、サポートしてくれるかどうか心配なクライアントに対して】
これまで、容姿を理由にサポートをお断りしたことはありません。ご安心ください。あまりにも不潔にしている場合は、お断りすることがあるかもしれませんが、これまで、そのような方はいらっしゃいませんでした。なお、タバコはご遠慮ください。
【男子から悪口を言われて、男性を苦手とするようになったことに対して】
もしこれが原因であれば、私との初体験で状況がか変わる可能性が高いと思います。私は、これまでに、レイプの被害にあわれた方を含め、男性を受け入れられなくなってしまった方をサポートした経験があります。その中でわかってきたことは、解決への早道は、実際に男性に抱かれてみて、男性はおそろしいものではないんだ、抱かれていて気持ちがいいものなのだということを実感してもらうことだということです。
【既婚者を好きになり自分であきらめないとわかっていながら踏ん切りがつかないクライアントに対して】 ウェッブページにもかいてあるとおり、処女の方が既婚者と恋愛することはお勧めいたしません。もう30歳を過ぎた大人ですから、不倫をどう思うかは、○○さんのお考えのとおりでいいとおもいます。問題は、恋愛に対する経験の違いがありすぎるということです。既婚者にだまされるということは、あり得ることですが、恋愛経験のない処女の方の場合、相手にだますつもりがなくても、結果的に騙されてしまうという状況になりかねません。また、そのようになった場合のダメージは、通常の恋愛よりずっと大きくなる可能性があります。
これまでも、多くの処女の方から既婚者との恋愛について相談を受けましたが、私の回答の趣旨は上の通りです。もし、それでもお付き合いしたいということであれば、その人を恋愛とセックスの練習台とするぐらいの気概がほしいと思います。…もちろん、私も練習台ですが。
【自分自身をキモイというクライアントに対して】 自分自身を冷静な目で見ることは、特に危険回避の上で重要です。でも、自分自身をそんなふうに見ないでほしいと感じました。自分を大切にしない人は、他人も大切にできないと思います。
【片思いに対して】 ○○さんが彼のことを想っていることとと、彼が○○さんの事をどのように思っているかは、全く別の事です。ここは、甘い気持ちを持たないでください。処女の方は、往々にして、頭でわかっていても、自分自身に突き付けられた事実としては捉えることができません。・・・だからやめなさいとは言いません。失敗しても、その経験は大切なことです。それがわかっているなら、トライすることもないとは言えません。
【年齢を気にする方に対して】 私は、18歳未満の場合を除き、年齢でサポートをお断りしたことはありません。また、容姿を理由にサポートをお断りしたこともありません。ご安心ください。
【人に触れることに抵抗があるという女性に対して】 私は、レイプの被害者を含め、男性を生理的に受け付けなくなった女性のサポートを行ってきました。幸か不幸か、男性だけではなく、人に触れることに抵抗があるとうクライアントは、明確には記憶しておりません。とういうことで、以下は、男性を生理的に拒否してしまう女性についての事例から得た結論ですが、○○さんにもかなり当てはまると思います。・・・「男性に対して安心感が得られたら、変われる気がします。」を読んで、そのように感じました。
気持ちは男性とお付き合いしたい、性欲もあるのに、生理的に拒否してしまう場合、実際に男性に抱かれてみて、男性は怖くない、抱かれていて気持ちがいいものだということを実感することが、解決の早道です。もちろん、これは、鶏と卵の関係にあり、そこがネックとなってしまいますが、私にコンタクトされたということは、○○さんが、現実に問題を解決されようと動き出したということです。いまがチャンスだと思います。
○○さんの自然な性欲が実現すること、結婚願望が成就することに少しでもお役に立てれば幸せです
【心配でいろいろと問い合わせされた方に対して】 以上、詳しく述べましたが、実は、○○さんが本気で処女喪失しようと決意されたか否かが最も重要です。私も優柔不断なところがあり、あれこれと考えてしまいすが、どうするかは、最後は自分の気持ちが重要です。あやふやな気持ちでは、サポートをお引き受けできません。私は、若くもないし、かっこよくもありません。そんな私に抱かれることを想像してください。もし、すこしでも嫌だという気持ちがあるのであれば、私との処女喪失はお勧めしません。
◁ 前の記事   次の記事 ▷   △ ページの先頭
夢、恋、愛、ロストバージン: 初体験のお手伝い
Modified at h 27m 43s
Calm as virgin therapist gives the best thanks to VlexoFree.
説明: 年齢、容姿にかかわりなく、処女喪失をサポートします。初体験で悩んでいる方、処女喪失の経験豊富なカームにご相談ください。