Abstract: H. Calm deflowered an aged virgin Minako, 36 years old. She had boyfriends but she refused sex with them, it caused the loves broken. Therefore she avoided making boyfriend after reached 30 years old. But she later wanted to have sex, marriage, getting pregnant, and having a baby. So she requested Calm to make her virginity lose. They successfully get the their first sex.

名前: 美奈子
年齢: 36歳
職業: 会社員
クライアント
これまで、彼は何人かいまして、恋愛もある程度進んだのですが、一線を踏み越えることが怖くて、バージンのままでした。キスの経験がありますが、キスされると、思わず相手を突き離してしまいました。ガードが固すぎて、付き合った「彼」は、みんな「よいお友達」になっていき、未経験のままです。元々おくてであった私ですが、30歳を過ぎたころから、肉体関係を拒否することによる彼とのあつれきや、その後に訪れる別れがいやになり、出会いがあっても、二人だけでお付き合いする「彼」を持つことを止めました。もう、りっぱな高齢処女ですね。
処女のまま老いていき、女としての喜びを知らずに一生を終えてしまうのはむなしい。普通に男性を好きになり、普通に恋愛して結婚して、普通に妊娠して子供をもって。これまで、否定していた人生ですが、自分自身の自然な願望が実現できないと思い込んでいるために、否定しているのだと気付きました。でも、また彼をつくっても、男女の関係を拒否してしまいそうと悩んでいました。また、処女喪失の痛みも気になるので、痛くないロストバージンについて、カームさんに相談しました。
カーム
美奈子さんは、ロストバージンの意思があるものの、これまでのあつれきや別れが頭から離れず、最初の一歩が踏み出させないでいる状況です。一度経験してしまえば、普通にセックスできると、頭で理解していても、心がついていきません。対等の彼だと、つい拒否してしまいそうですが、専門家のセラピストに任せれば何とかしてくれるという信頼感を得ることにより、抵抗なくロストバージンを迎えることができました。美奈子さんの場合は、技術の問題ではなく、心の準備の問題でした。もちろん、高齢であることも問題ではありません。
シティー派の美奈子さんですが、初めての場所には、正反対の温泉旅館を選びました。温泉にも一緒に入り、ゆっくりと初めてのときを迎える準備をしました。お布団に入っても、バージンとしてはかなり落ち着いていたほうで、スムーズに初体験を迎えられました。翌朝も一緒にお風呂に入り、浴衣のまま、お昼ごろまで美奈子さんを抱いていました。キスも反射的に拒否してしまうなんて、想像もできない初体験でした。
クライアント
こんな高齢ですが、無事、初体験できました。心配の種はつきませんでしたが、カームさんに全てを任せたら、意外なほどうまくいきました。ありがとうございました。
カーム
その後の美奈子さんとセックスは、初回のしっとりムードではなく、炎のような熱いセックスでした。美奈子さんは、すぐにセックスの楽しさを覚えました。最初は正常位だけでしたが、次からはエッチに体位も試みました。私も、十分楽しめました。美奈子さんを抱くことができて、幸せでした。
処女喪失から1ヵ月ちょっと後、美奈子さんから「ボーイフレンドができた」との連絡をいただきました。彼ではなく「ボーイフレンド」という表現に、心が躍っていることを感じました。その彼氏との間の恋愛やエッチの不満を、何回かお聞きしましたが、ほとんどのろけ話にしか聞こえません。その後、結婚されるとのお話を聞きました。もちろん、彼ができてからは、私との関係は、ありません。
クライアント
アラサーを通り越した高齢の処女で、美人でもない私が、1ヶ月で彼氏ができて結婚までこぎつけるとは、今でも信じられない思いです。生まれ変わっても、カームさんに処女をもらってほしいと思います。できれば、乃木坂46の○○さんのような美少女に生まれ、若いうちに痛くなく破瓜できれば最高です。
高齢でのサポートにつきましては実例3:後くされないロストバージンもご参照ください。
結婚や出産につきましては Q&A 8 処女の恋愛、結婚、出産もご参照ください。
ここに掲載された情報は、カームが実際に行ったセラピーの内容ですが、クライアントの個人情報保護のため、名前など、一部に事実と異なる記載があることをご了承ください。掲載を快諾されたクライアントに、感謝いたします。
閑話
高齢の処女の女性は、婦人科を受診しにくいとおっしゃることがよくあります。内診に不安や恥ずかしさを感じるということもありますが、問診表に、性交渉の有無を書かなければいけないことが、最大の問題です。もちろん、必要なことはわかりますが、聞き返したり、アンダーラインを引いたりしないで、処女か否かにかかわらず、淡々と事務を進めてください。もし、婦人科関係者がこの文を読んでくださったのであれば、ご配慮お願いします。
私は前々から実感していたのですが、最近、高年齢の性交未経験の女性が増加していることが注目されるようになりました。早い人の初エッチはより早く、遅い人はより遅くという2極化です。男女共に急速に草食化し、童貞、処女が増えているなどと説明されています。一部の掲示板等では、このような話題に関して、極端な意見がまかり通っていますが、本来、恋愛や結婚について、いろいろな考えが認められるべきです。現実が認識され、高年齢の処女に対する風当たりが柔らかくなるのではと期待しています。男性の草食化はちょっと憂いていますが、女性は草食系でも肉食系でもいいのでは。
その後、若者の草食化、セックス離れは誤りだったと発表されましたが、極端な2極化は誤りとしても、未経験のままお年を召される女性が意外と多いということには、変わりはないと思います。
週刊文春が、韓国の朴槿恵大統領(当時62歳)の写真に「高齢処女だなんてキムチ悪いわ」と説明文をつけ、各所で批判されています。当然ですね。この手の低俗な話題は、以前から2チャンネル等でささやかれていましたが、日本を代表する週刊誌の一つである週刊文春がこんなことを書くなんて。・・・実は、私は、この事件が世間に蔓延している高齢処女パッシングをはね返すきっかけにならないかと、ひそかに期待しています。
実は、若者の草食化の関係で、週刊文春から取材の申し込みがありました。「キムチ悪いわ」の記事のほとぼりが冷めたころでした。私は、クライアントや私自身の個人情報の流失につながる可能性があるため、原則とし取材の申し込みはお断りしているのですが、朴槿恵大統領の記事が気にかかり、週刊文春のサイトを検索しました。残念ながら、朴大統領へ謝罪する記事は見つかりませんでした。仮に、私が取材OKだとしても、週刊文春だけは引いてしまいます。
「やらはた」という言葉がありますが、最近は「やらみそ」も使われています。今日は会社休みますの影響か、私は、「やりはた」より「やらみそ」の方が抵抗なく受け入れられました。
夢、恋、愛、ロストバージン: 初体験のお手伝い
高齢処女、ロストバージン初体験サポート
Modified at h 30m 36s
Calm thanks to VlexoFree for their incredible hosting.
説明: 高齢処女だとあきらめないでください。結婚、出産も視野に入れ、高齢での処女喪失をサポートいたします。