名前: 陽子
年齢: 48歳
職業: 公務員
クライアント
高齢のこの歳まで、なんとなく未体験でバージンの私です。恋愛やいい感じの男友達との出会いなど、いろいろあったのですが、今はもう「なんとなく」としか言い様がありません。
もうすぐ閉経かもしれない。女として私が生きた証は何もなくなってしまうかも。なんとなく覗いたカームさんのページで、やはり一度は経験したい、処女喪失したいという思いが募ってきました。一度だけでいいから、あとくされのないようにロストバージンできないかと相談しました。
カーム
自分の殻にとじこもっているような感じのする陽子さんです。経験豊富な私でも、陽子さんの本当の気持ちは、よくわかりません。また、そのために、根掘り葉掘り質問するもの遠慮されました。結局、陽子さんの想いを最後まで理解できなかったのではないかと思います。特に彼氏のいない陽子さんが「あとくされないように」を強調するのも、特別な意味があったのでしょうか。
会ってからも、ホテルに入ってからも、何かビジネスライクな陽子さんでした。抱きしめても、キスしても、私がこれまで経験したことのない雰囲気でした。この人とエッチすることはできても、本当にそれが陽子さんにとって幸せなのか、一抹の不安を感じました。・・・シャワーから出てきた小柄な彼女を、子供のように抱きかかえて、揺らして遊びました。やっと陽子さんの心がほぐれたようです。
ベッドに入って、前戯をはじめると、処女とは思えないような感じ方でした。足も素直に開いてくれて、あっという間に準備完了。でも、はやる心を抑えて、愛撫でもたくさん感じてもらいました。
クライアント
カームさんに全てを預けるつもりの私と、それを冷淡に眺めている私がいました。ロストバージンの瞬間は前者の私が100%でしたが、処女喪失が終わって眼を開けると、また冷淡に眺めている私がいることに気付きました。こんな女でごめんなさい。
カーム
破瓜の時には、本当にイターという感じの反応で、私のサポートの中では痛みが少し大きめでした。ここで、彼女の痛みが引くまで、挿入したまましばらくじっとしていることが重要です。また、痛みに耐えたことを褒めて、処女喪失できたことを一緒に喜びました。このときは、熱い想いの陽子さんだったと思います。痛みが引き、少しづつピストン運動を始めると、私も彼女も快感に浸ることができました。シャワーを浴びてから、もう一度ベッドで陽子さんを裸で抱いていましたが、ある時、起き出し、髪と化粧を整え始めました。また、ビジネスライクな陽子さんに戻ってしまいました。
クライアント
ロストバージンできたことも、カームさんとのセックスそのものもうれしかったです。ありがとうございました。念願どおりの閉経前の初エッチができました。でも、カームさんとは、最初の約束どおり、1回だけにしてもらいました。エッチに不満があったわけでも、カームさんが嫌いになったわけでもありません。なんとなくです。・・・しいて言えば、ああ、私も卒業できたんだな、生娘ではなくなったんだなという感じです。
バージンに対するコンプレックスも和らぎ、交際や結婚について、少しは前向きになったかと思いますが、多分、一生一人で過ごすと思います。もう、妊娠できる歳ではありませんし、婚活をがんばろうなどという気もありません。恋愛から同棲なら多少気は楽かもしれませんが・・・多分ないと思います。
カームさんとの初体験の一夜は、私が輝いた瞬間の思い出として、一生涯大切にとっておきます。多分、私の人生で、最初で最後の性体験になると思います。もうすぐ閉経の年増の処女喪失に付き合っていただき、ありがとうございました。それと、婦人科も受診しやすくなりました。
カーム
ロストバージンはうまくいきましたが、陽子さんの心を開けなかったこと、一生一人というお気持ちを変えられなかったことは、残念でした。心の壁までは捨て去ることができなかったのですね。・・・陽子さんに満足いただき、大切な思い出にしていただいたことが、セラピストとしてのせめてもの救いでした。
高齢でのサポートにつきましては実例1:高齢処女、高齢での初体験もご参照ください。
ここに掲載された情報は、カームが実際に行ったセラピーの内容ですが、クライアントの個人情報保護のため、名前など、一部に事実と異なる記載があることをご了承ください。掲載を快諾されたクライアントに、感謝いたします。
閑話
男性の私でも、初めてのセックス、初めての女性のことは、何歳になっても忘れられない思い出です。女性の初体験は、男性とは比べ物にならないほど大変です。初めてのセックス、初めての男性に対する思いは、男性の比ではないと思います。したがって、「好きな人と」との思いも、男性よりずっと強いと思います。そのような中で、多くの未経験者が私をロストバージンの相手に選んでいただけたことは、ありがたいことです。クライアントの大切な人にはなれませんが、忘れられない人にはなれると思います。単なる処女開通請負人ではありません。
ロストバージンというと、文学や映画でもよく取り上げられます。女性にとって、人生最大のイベントの一つですから、それ自体は自然なことだと思います。崇高な小説もありますが、大部分は、エッチ系、エロ系の小説、漫画本です。ネット上には、ロストバージンの体験談もたくさんアップされていますが、その大部分は同人誌的な創作ではないかと思います。
アダルト作品を除くと、洋画の「ケイティーのロストバージン日記~18歳のコンプレックス~」は、検索でよく引っかかりますが、18禁でもなく明るい内容で、日本とアメリカの文化の違いを反映しているのかもしれません。日本のものでは、アンソロジーコミックの「b-BOY ドS ロストバージン特集」がよく引っかかりますが、タイトルの様な内容ではないようです。講談社の電子書籍「ヴァージンズ」(相川ヒロほか)もがんばっています。
夢、恋、愛、ロストバージン: 初体験のお手伝い
ロストバージンPRIVATEサポート
Modified at h 21m 48s
It's great and nice service, virgin therapist calm cheers VlexoFree.
説明: 年齢、容姿等にかかわらず、ロストバージンをサポートします。処女喪失できない女性、経験豊富なカームにご相談ください。