典型的なサポートの事例は、高齢での処女処女喪失等の処女喪失サポートの実例をご参照ください。
「まだ未経験?」などという言葉に怯える必要はありません。経験の有無は、本当に必要な人にだけ明かせば(あるいは、ほのめかせば)いいのです。その他の人が気にするのは、余計なお世話です。
2017年10月
処女喪失のサポートの申し込みでは、いたずら防止、メールアドレスの誤入力への対処、および、メールが確実に届くことを確認するために、自動送信メールでクライアントに確認番号を送付し、その確認番号を入力してもらうようにしております。この仕組みを導入してから、メールの送受信に関するトラブルは減りました。しかし、何らかの原因でクライアントのメールの設定が変更され、私からのメールが受信できない方がいらっしゃいました。相手から催促のメールが来るのに問題が解決しない。歯がゆい思いでした。すべシステムで対応することはできません。各自ご注意ください。。
2016年11月
自動応答メールが迷惑メールに分類されるている場合があることがわかりました。なるべく迷惑メールに分類されないように修正しました。
2016年10月
4月に、サポートの場所を都内変更しましたが、そのため、非常に多くの女性からの依頼をいただくようになり、公私とも多忙な日々が続いてい降りました。たくさんの方を待たせていたのだなと、実感いたしました。夏が終わったこともあるのか、最近は、依頼も少なくなりましたので、じっくりお話をお聞きすることができまう。
2016年4月
都合で、サポートの場所を都内に変更します。日時の目安は、平日の夕方です。多くの方が利用しやすくなったと思います。なお、休日の場合は、原則としてつくばまでいらしていただいてもらいます。
2016年1月
明けましておめでとうございます。一部に、自動送信メールを受信できないという障害が発生していました。現在は修正されました。
2015年11月
11月初旬より、メールアドレスの「@」の前に「.」(ピリオド)があるメールアドレスに、私の常用アドレスからメールが送信できなくなっていました。申し訳ありませんが、「@」の前に「.」(ピリオド)が全く含まれていないアドレスを使用されるようお願いいたします。なお、現在は、このようなアドレスが入力されると、警告が表示されるように修正しました。
2015年7月
女の子のしくみ というサイトのアクセスランキングに載っていることがわかりました。私のリンク集からリンクしているサイトです。
2015年6月
段落ごとに囲むデザインをやめ、シンプルにしました。
2015年5月
北海道からいらしたクライアントがいました。これまで、沖縄県はいたのですが、北海道は初めてでした。ところが、そのクライアントが前日になって生理になってしまいました。初体験は普通のセックスよりトラブルが発生しやすい中、生理中ではさらに複雑となるため、これまで、生理中のロストバージンは、クライアントが希望しても、原則としてお断りしていました。しかし、北海道から上京して、直前になってダメというのはあまりにもかわいそうだったので、初めて生理中のサポートを試みました。結果は、特段のトラブルもなく、うまくいったのです。もちろん、そこにはクライアントの協力があり、だれでとでもうまくいくというわけではありませんが、これからは、クライアントが希望する場合は、状況により生理中の初体験もありということにしたいと思います。
2015年4月
このようなサポートを続けていますと、いろいろな娘からいろいろな体験談を聞かせていただいております。大学生もいれば、お年を召された方もいます。悲惨な体験もあれば、出会いや恋のお話もあります。そのような体験談から、私も勉強させていただいております。時々は、バージンの彼女にどう対応したらいいかという男性からの相談もあります。もちろん、女性からの出血や痛みの相談もあります。
2015年2月
誰かがショートカットURLを作ってくれたようです。http://t.co/HkHdA7btuA にアクセスすると、本サイトのトップページにリダイレクトされます。
2014年6月
相談・依頼を送信しようとすると、環境によっては、「相談内容は、日本語でご記入ください。」というエラーが表示され、送信できないという不具合がありました。済みませんでした。現在は、修正されています。
2014年6月
デザインを、よりスマホにあわせて、サイトをリニューアルしました。また、配信するサーバーを
http://処女喪失.calm.vlexofree.com/
に統一しました。
2014年4月
「キスも恋愛も未経験ですが、処女喪失のサポートを受けることができますか。」という質問をいただきました。キス未経験でも、恋愛したことがなくても、技術的には問題ありません。年齢にもよりますが、初体験することが、今後の恋愛や結婚にプラスに働くと判断すれば、喜んでお引き受けします。
2014年3月
他の処女喪失のサポートサイトでロストバージンできなかったという相談がありました。これまで、納得してサポートを受けてもらうという観点から、他のサイトへのリンクも掲載していましたが、掲載を中止しました。必要がある場合は、ご自身で検索ください。
2014年2月
初体験の平均年齢を開設しました。これはあくまで平均であり、それにとらわれる必要はないのですが、いい歳してまだ処女などと悩んでいる女性は、一度見てください。30歳代でも、意外と未経験の方がいます。
2014年2月
このサイトをご覧になっている方の過半がスマートフォンを使用されていることが判明しました。スマートフォンから使いやすいよう、サイトを再構築しました。また、
http://処女喪失.calm.vlexofree.com/
http://ロストバージン.calm.vlexofree.com/
http://初体験.calm.vlexofree.com
から分散して配信するようにいたしました(現在は、http://処女喪失.calm.vlexofree.com/に統一しました)。なお、お使いのブラウザによっては、URLの「処女喪失」が「xn--n9qr5goxdrh」と表示されることがあります。
2014年1月
何回か、「まだ処女喪失のサポートを続けていますか」という質問を頂戴いたしました。サポートは継続しています。ご安心ください。
2014年1月
ふとしたことから処女であることがわかり、女友達から、「いい歳して、いまだに処女なの」と言われてショックをうけたという女性がいました。その女友達は、励ましの言葉をいろいろとかけている中で口走ってしまったようですが、このような結果になることもあります。私も、気をつけなければと思いました。
2013年12月
クライアントから「何か、一言でも、お返事戴けるとありがたいです。」とのお言葉をいただきました。実は、この方に返事を送ったのですが不達でした。また、送信アドレスを変えて(ドメインを変えて)返事をお送りしましたが、やはり不達でした。このような場合、私からはどうしようもありません。相談・依頼のメッセージを送信した後の画面をよくご覧ください。
2013年10月
既婚者が夫との間で初体験できないという相談を受けました。通常のようなサポートはできませんが、夫婦間でうまくいよう協力いたします。ご相談ください。
2013年10月
処女喪失の痛みを軽減するためには、なるべく1回で挿入すること、そのためには、正しい位置に挿入することが重要です。でも、誰もができることではありません。一方、完全に挿入できたら、男性はしばらく(女性が普通に会話できるまで)じっとしていてください。初エッチで痛みがあるのはいたしかたありませんが、その後の痛みは、コントロールできます。しばらく動かずにいて、その後、女性が痛みを感じない範囲で動けばいいのです。これなら、誰でも(童貞の男性でも挿入さえできれば)できます。
2013年9月
経験者が処女でないことを隠してサポートをお願いしてきました。演技がうまければ、途中まではだませます。私も、「あなたは経験者ですね」などとは言いませんが、次回のサポートは丁重にお断りいたしました。経験者であっても、悩みを抱えているのならサポートいたします。正直にお話しください。単にセックスしたいという方は、高齢でこの先男性経験が見込めない方を除き、お断りしていますが、経験が少なく不安である、感じない等のお悩みをお持ちなら、お力になります。
2013年3月
以前に相談され、もう少し考えてはとアドバイスしたクライアントが、3年を経て再び相談され、処女喪失されました。長い間私のことを覚えていただき、大変うれしく思っています。私との処女喪失だけではありませんが、ロストバージンの決意をするまでは、いくら悩んでもかまいません。失った処女は戻りませんので・・・私は、クライアントが納得して処女喪失のサポートを受けていただくことが重要だと考えています。
2011年9月
婦人科で、内診ができないほど狭くて、医師から「夫婦生活に支障がありそうだ」(つまり、挿入が非常に困難ということ)と言われた方をサポートしました。膣口を探すのも大変で、指の挿入も穴が続いている方向を本当に慎重に探りながらでした。かなりの痛みを伴いましたが、1日で無事挿入できました。・・・もし、この方が普通の男性とセックスを試みようとしても、挿入はおろか、膣口の発見さえ難しかったと思います(処女の場合は、膣口の位置を正確に把握しないと、挿入は困難です)。痛かったけど、本当によかったと思います。
2011年8月
クライアントから、福島県在住ですが大丈夫ですかという質問を受けました。世の中の一部では、農産物等で福島県パッシングという状況が発生しているようですが、私のサポートではそのようなことはありませんので、ご安心ください。私の態度は、一貫しています。年齢、容姿、居住地等でサポートをお断りすることはありません。
2011年5月
サポートを再開しました。
2011年3月
東日本大震災のため、一時活動を休止しました。私の被害は軽微でしたが、業務多忙のため、サポートを続けられるような状況ではありません。地震のため、サポートをキャンセルしてしまった方は、誠に申し訳ありません。
2011年1月
過去に性犯罪の被害にあった方をサポートしました。恋愛して彼氏ができてキスやハグはできるのに、エッチだけは怖くてできないということです。これまで、同様の事例が何件かありましたが、「男性といて安心できること、男性に抱かれることは気持ちいいことだ」と肌で感じてもらうことが最善の解決策だと思います。私に相談されるということは、自分自身で問題を解決しようとする強い意志があるということであり、問題の半分以上は解決していると思います。
2010年7月
サーバーを vlexofree に移転し、サービスを再開しました。ご迷惑をおかけしました。このような事態が再び起きないよう、いくつかの工夫をしました。その中で、サイトの閲覧を十八歳以上に限定しました。これは、私の本意ではありませんが、安定してサービスを続けるには止むを得ないと判断いたしました。
2010年5月
サーバーを運営している tok2 から、突然「アダルトサイトだから閉鎖する」との連絡を受け、やむなく閉鎖しました。このような事態は想定外、このような形でのサーバーの移転は未経験でしたので、対応が遅れ、申し訳ありませんでした。
2009年6月
相談・依頼のメッセージを送る際は、少なくとも 相談・依頼のページ をよく読んでからにしてください。大事な情報が記載されています。
2009年4月
ペニスの先頭が入っただけでは破瓜しなかった方がいました。これまで、何回かこのような事例がありました。かわいそうでも、いったん挿入したならば、奥までペニスを進め、確実に処女膜を破らなければいけません。そうでないと、痛みがずっと継続します。また、処女膜の状態は、未経験のときとほとんど同じであり、処女喪失したとは言えません。
2009年3月
携帯電話からYahoo!で検索して当サイトにアクセスするとエラーになっていることがわかり、修正しました。申し訳ありませんでした。
2009年2月
私が活動を休止していた間に、ある時点の本サイト(携帯版)をそのままコピーし、名前等だけ変えたサイトが現れました(タケシと名乗っています)。コピーするのは、自分自身の経験・知識がないということです。この人は、処女喪失を扱った市販のビデオも販売しているようです(現在は、止めたようです)。正規品はパッケージ販売であるのに対して、彼はネットでダウンロードさせる方式なので、自分が購入したビデオを、不正に販売しているのだと思います。その後、別サイト(http://askcom.dip.jp/vsc/、http://askcom.dip.jp/vscs/)に移動しました。
2009年2月
全年齢のサポートを再開しました。ただし、18歳未満は除きます(高校3年生も除きます)。
2009年1月
サポートを再開いたした。誠に申し訳ありませんが、当面は、25歳以上の方に限らせていただきます。これは、サポート再開にともない、相談・依頼が集中することが予想されたための処置です。
2008年6月
事情により、一時サポートを中止せざるを得なくなりました。ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。
2007年12月
先月、処女膜の開口部が広く、ほとんど痛みなく処女喪失できた方がいましたが、今月は、開口部が狭く、強い痛みを伴った方がいました。本当によく耐えてくださったと思います。処女膜の形状は人それぞれ、千差万別であることを再認識しました。また、不感症だと思っていた方が、Gスポットとクリトリスを強烈に刺激すると感じることがわかりました。普通なら、痛くなるほどです。性格や容姿が多様なように、処女膜の状況や感じる方法も多様です。経験と応用力が重要であることを、つくづく思い知らされました。
2007年12月
不用意な言葉でクライアントを傷つけてしまいました。申し訳ありませんでした。私は、多くの女性の処女喪失をサポートしてきましたが、まだ、まだ未熟であることを思い知らされました。
2007年11月
門限がある方の処女喪失をお手伝いしました。ロストバージン自体は順調に済んだのですが、もう少し余裕をもって接すれば、もっと感じて満足していただけたのにと、反省しております。初体験にあせりは禁物です。
2006年11月
ロストバージンを終えたクライアントが、まるで汚いものから逃れるかのように、すぐにシャワーを浴びて帰ってしまいました。そのクライアントにとって、カームは単なる破瓜の道具(生身のバイブ?)かもしれませんが、私はクライアントのためにいろいろ考えて準備していますし、予定を合わせるために努力しているのです。私のことをどのように思うかは、クライアントの勝手ですが、自分のために努力している人に対しては、心の中でどう思っていようと、それなりに対応するのが人間としての常識だと思います。やりきれないサポートでした。
2006年9月
最近、本サイトをまねたサイトが散見されます。どれを信頼するかは、あなた自身が判断するしかありませんが、ご注意されるようお願いいたします。例えば、ロストバージンした女性の全裸写真が掲載されているサイトがありますが、その人にロストバージンを依頼したら、あなたの写真がそのサイトに掲載されるかもしれません(その後、そのサイトでは、写真を掲載しなくなりました)。
2006年5月
「バージンセラピスト VIRGIN THERAPIST は商標登録されています。」との通知をいただきました。調べてみると、平成15年9月16日に登録されていました。商標問題でごたごたするのはいやなので、「バージンセラピスト」は使わないことにしました。
夢、恋、愛、ロストバージン: 未経験者のお手伝い
Modified at h 15m 56s
Thank you VlexoFree, calm as virgin therapist.
説明: まだ処女と嘆いているあなた。処女は大切なものです。それでも初体験したいとなら、専門家のカームにご連絡ください。