心の準備はできていますか?
初体験の前に、もう一度考えてください。「初体験したい、エッチしたい、女になりたい」という気持ちはわかりますが、本当にこの人でいいのですか? 本当に今なのですか? 心の中にもやもやが残っているのなら、やめましょう。それで、彼氏が逃げていくなら、それだけの人、それだけの縁です。特に、初めての恋愛が実った時は、相手も自分と同じだけ好きだ思っていると信じ込み、冷静な判断ができないことが多いと思います。
悩んでいるうちに、年老いてしまうかもしれません。私もその様な人を何人も知っています。でも、彼女たちがみんな不幸というわけではありません。逆に、処女喪失したいとう焦りだけが先走り、いい加減な気持ちででロストバージンを迎え、傷ついた女性もたくさん知っています。決めるまでは、いくら悩んでもかまいません。
でも、ロストバージンを決意したら、多少の不安・心配があっても、迷わずに進みましょう。バージンのあなたが努力しても、解決できる問題はそれほど多くありません。女性は気づかないことが多いのですが、相手が処女の場合、男性側の心労も計り知れないものがあります。彼があなたを想えば想うほど、彼にプレッシャーがかかるのです。ふらふらゆれて、ボーイフレンドをそれ以上困らせないでください。
初体験で準備すべきものは?
カームのように経験の深い男性との初体験であれば、何も心配する事はありません。処女喪失するのだという心の準備ができていれば十分です。
一般的なアドバイスとしては、清潔でお気に入りの下着を着けておきましょう。自分の心を落ち着かせるという意味もあります。剃毛・脱毛を薦めている方もいますが、必要ありません。シチュエーションによりますが、可能なら、会う前に歯を磨き、シャワーを浴びておきましょう。いろいろと考え、準備することは、相手のためというよりも、自分のため、つまり初体験の決意を固める上で重要です。
多量の出血の場合を考え、ナプキンを用意しておくと安心です。私の経験では、ナプキンを必要性とすることは、ほとんどありませんが、持っていれば安心です。男性の経験が浅い場合、初体験のとき、思わぬ量の出血となる場合があるようです。
セックス全般に共通することとしては、替えの下着(パンティー)があると安心です。着衣のまま愛撫されると、愛液で下着がべとべとになることがあります。また、のどが渇くことが多いので、水にこだわりがある方、水分が補給できない場所では、ペットボトルの飲料をお勧めします。
処女喪失の際の避妊は?
常識的には、男性がコンドームを準備して、装着してくれます。特に、相手が未経験であることを知っていれば、避妊についても男性が全責任を負うと考えるのが当たり前です。もちろん、カームもです。
でも、残念ながら全ての男性が常識をわきまえているとは限りません。特に男性も初体験の場合は、避妊のことまで十分配慮できるか(あるいは十分な知識があるか)、心配です。ということで、コンドームを用意しておいたほうがいいのですが、自動販売機で買うのも恥ずかしく躊躇される方も多いと思います。相手を見て考えてくださいとしかいえません。少なくとも初体験同士であれば、ちゃんと確認したほうがいいと思います。もちろん、私の場合は、心配不要です。なお、ラブホテルには必ずコンドームが置いてあります。だいたい、ベッドの頭側の少し高くなったところです。かわいい袋に入っていることもあります。処女の場合、コンドーム以外の避妊方法は、現実的ではありません。
初潮がまだなのですが、初エッチは待った方がいいですか?
本サイトの対象者ではないと思いますが、一応回答いたします。セックスをするには、体の準備が必要です。膣に粘液が十分分泌されない状態でセックスすると、膣壁が損傷します(Q&A 3 処女膜の裂傷と出血 参照)。初潮(初めての生理)は、その準備ができたサインです。初潮前の初体験は危険で、お勧めしません。歳がくるまで待ってください。
肉体的条件にも増して、精神的な条件が重要です。あなたは、自分の行動に責任を持てますか。妊娠したら中絶すればいいと簡単に考えていたり、具体的な方策もなく漠然と「生んで育てる」などと考えているのなら、まだ問題の大きさを認識していないのだと思います。セックスを、そして、初体験を簡単に考えすぎないでください。恋愛が成就しても、体の準備ができても、安心してセックスができるとは限りません。
初エッチの場所はどこがいですか?
状況によりなんともいえませんが、多少のアイディアを示します。あなたが大人の女性であれば、泊まりの旅行がお勧めです。男女の関係になることがほぼ必然なのに、単に「旅行に行きましょう」と誘えること、回りを気にせずにゆっくりと挑戦できることなどが利点です。あなたがまだ学生なら、ボーイフレンドの部屋が第一選択肢になると思います。その方が、「全てを任せる」という気持ちになりやすいからです。もちろん、女の子の部屋の方が秘密が守りやすいのなら、そちらを優先してください。なお、破瓜の痛みを考えると、大声を出しても問題ない場所ということも重要です。
女性の方は、あわせて、Q&A4:処女喪失の技術(女性向け)もご覧ください。
閑話
いろいろなロストバージンがありますが、やはり花の女子は、好きな人と恋愛の末、初体験したいという夢があると思います。それが一番だと思います。私は、処女喪失できるか心配な女性や、未経験であることを彼に話せない女性など、多くの初体験をサポートしましたが、それは第2、第3の選択だと思います。
デートして、キスして、ハグしてとある程度の日数を置いてからセックスにいたる事が普通です。初体験の場合もこれと同じですが、一度に初キスから初エッチまでを経験したからといって、その事自体に問題があるわけではありません(若すぎる娘は別です)。それで後悔しないか、その点だけが問題です。
初体験は、正しくは「はつたいけん(hatsutaiken)」と読みます。でも、処女喪失の場合はほとんど「しょたいけん(shotaiken)」といいますし、それ以外の場合も、多くの人が「しょたいけん」と言っていると思います。
Googleで初体験を検索すると、元SKE48鬼頭桃菜初体験は中学3年生という記事があります。本文でも書いたとおり、責任が持てる年齢とは考えられません。若すぎるのは問題ですが、高齢での処女喪失は、少なくとも技術的に難しくなることはありません。なお、初体験の平均年齢は、別途まとめています。ちなみに、サガミの調査によれば、初体験が早いのは沖縄県ということです。
夢、恋、愛、ロストバージン: 初体験のお手伝い
初体験・初エッチの準備
Modified at h 44m 01s
Calm really appreciates VlexoFree excellent hosting.
説明: 容姿、年齢等にかかわりなく、あなたの初体験をサポートします。未経験で焦っている女性、経験豊富なカームに相談ください。