処女喪失のときなぜ出血するの?
本来の処女喪失の出血の原因は処女膜の裂傷、つまり処女膜が破れることです(これを破瓜といいます)。しかし、十分な準備がなく挿入すると、膣壁からも血が出る場合があります。痛みと同様に、膣壁からの出血は、テクニックで避けることができます。処女膜が破れることによる出血は、テクニックで減らすことができます。
ロストバージンでは必ず血が出るのですか? 量は?
カームの経験では、処女喪失の際、ほとんどの女性で出血が確認できました。半分以上は、シーツをよく探さないとわからない微小なものや、愛液で薄まったわかりにくい血痕でした。シーツでは確認できないが、ペニスについている場合もあります。また、ベッドではわからなかったが、トイレに入って血が出ていることがわかった人もいました。全く出血しない場合もあるとの意見もありますが、少量であるため見逃してしまったケースが多いと思います。出血の量はさまざまで、私は未経験ですが、シーツが真っ赤になる場合もあるようです。
血の量に最も影響を与えるのは、挿入後のペニスの動かし方です。一回入れて、じっとしていて、それで終わりにした場合と、処女喪失後も通常のセックスと同じように荒々しくペニスを動かした場合を比べてください。後者の場合は、傷口をかき回しているようなもので、不要な出血、そして多くの場合不要な痛みを生じさせます。ペニスのピストン運動は、なるべく膣と平行に行い、ペニスが抜けないようにしてください。
もうひとつ重要な要因は、女性の膣の状態です。膣の準備ができていない状態で無理やり挿入すると、出血が増えます。状況を把握する男性の能力、準備ができるまでは決して挿入しない忍耐力が重要です。初体験の女性は、緊張で濡れるのが遅い場合があり、男性が待ちきれないことが多いようです。
それ以外の要因としては、処女膜の形状(穴が小さいほど、厚みが厚いほど、痛いし、出血も多い)、柔軟性、セックスの体位、挿入の方法などが関係します。処女膜の形と柔軟性はどうしようもありませんが、その他は、男性の努力と技術で対処できます。・・・出血に関しても、痛みに関しても、処女喪失に慣れた人のほうがいいことは確かです。
処女喪失で血が出なかったら彼に疑われる?
上にも述べたとおり、出血に気づかない場合がほとんどだと思います。多くの体験談で出血がなかったと記されている理由は、ここにあると思います。また、初体験であっても、本当に血が出ないこともあるようです。
ある程度慣れた男性であれば、ベッドでの様子がぜんぜん違うので、挿入しなくても処女であるかどうかはある程度わかります。でも、経験の浅い男性には、これは期待できません。男性が童貞である場合は、挿入していないのに挿入できたと勘違いすることや、処女膜が破瓜する前に射精してしまい初体験が終わったと誤解することもあるようです。
それほど多くありませんが、ペニスの先端を挿入しただけでは処女膜が破れないことがあります。痛みの軽減の観点からは、これは絶対に避けるべきです。詳しくは、Q&A 5 処女喪失の技術(男性向け)をご参照ください。
技術的には、上に述べたようないろいろなケースがありますが、「あなたが彼に処女をあげる」、「彼がそれを受け止める」という気持ちが大切です。出血が見つからなかったから処女を疑われるようでは、そもそも、その人を選んだのが間違いだと思うべきです。
彼への対応ついいては、いろいろな意見がありますが、「出血はなかったが、あなたと初体験ができてうれしかった」ということを、ひとこと正直に話すのがいいと思います。彼が本当にあなたのことを好きで、血が出なかったことを気にしているのであれば、自分で調べて、初体験でも血が出ない(あるいは気づかない)場合があるということに気づくと思います。
2回目以降のセックスでも血が出ますか?
処女喪失の翌日、翌々日のセックスなどでは、血が出ることもあります。時間をおけば、普は大丈夫です。ただ、上に述べたように、挿入していないのに挿入したと勘違いしたり、処女膜が破れる前に射精してしまい処女喪失したと誤解した場合は、2回目(本当はこちらが処女喪失ですが)のセックスで血が出ます。また、初体験での挿入が浅い場合は、膜が完全には破れずに、2回目も出血する場合があります。
破瓜の痛みと出血は関係があります。Q&A2:処女喪失の痛みもご覧ください。
閑話
処女膜に関する情報は、ヘルスケア、性教育、質問/相談等のサイトにもあります。カームは、たくさんの女性の処女膜をさわりましたが、本当に膜のように薄い方もいれば、肉部の高まりと表現したほうがいい方もいます。破瓜は、前者のほうが容易です。私は、「破瓜は、小指が通る障子の穴に、2本の指を通すようなものだ」と説明することもありますが、処女膜は、決して障子紙やゴム膜のようなものではなく、生体の一部であり、柔らかく、みずみずしいものです。なお、歳をとると処女膜が硬くなり、破瓜が難しくなるという意見もありますが、個人差と比べれば、年齢による違いはたいした問題ではありません。
ときたま、「恋人から膣口がないと言われ、ショックを受けた」というクライアントがいます。女性の立場からすれば、女子であることを否定されたような言葉です。実は、まれに、処女膜閉鎖(goo ヘルスケア)という症例はあるのですが、そのような女性は、月経血が排泄できないことによる腹痛、あるは初潮が来ないことにより、このサイトを訪れる前に発見されていると思います。さらにまれには、膣自体がない(子宮もないか痕跡程度)という症例もありますが、この場合も、初潮が来ません。したがって、一度でも生理の経験があれば、膣口がないということはありません。ご安心ください。私の経験でも、よく探さないと膣口がわからなかった女性は何人かいましたが(この場合、普通の男性では処女喪失は困難)、膣口がないという女性はいませんでした。
処女膜が破れても(裂けても)、その痕跡は残ります。この意味で、非処女にも処女膜があります。まれには、処女膜が伸びてペニスを受け入れたため、明確な破瓜を伴わない場合もあります(このような場合では、初体験時とその後のセックスにおいて痛みがあります)。処女膜の痕跡が完全に消失するのは、出産時だと言われています。
夢、恋、愛、ロストバージン: 初体験のお手伝い
Modified at h 21m 06s
Calm highly appreciates VlexoFree. It's really cool.
説明: 処女膜の状況は、さまざまです。処女喪失が簡単な女性もいれば、難しい女性もいます。どのような状況でも、カームにお任せください。