初めての時
処女喪失、それは全ての女性がいつか迎えるときです。明日なのかもしれません、ずっと先なのかもしれません。あなたが納得したときに、納得した人と、納得できる方法で初めての時を迎えること、つまり、あなた自身の選択が大切です。
多くの人は、愛する人に処女をささげたいと思っています。現実には、彼氏や恋人がいないという悩みもあります。痛みが少ないことも重要です。○○歳までには初体験を、と考えている方もいます。誰もがうらやむ才色兼備の女性がバージンのままであったり、人に言えない悩みがあることもあります。処女であることを打ち明けられないこともあります。どれが正解ということはありません。サポートを必要としている女性は、意外と多いのです。
サイトについて
このサイトでは、経験豊富なカームが、処女喪失を中心として、セックスに関する女性の悩みを実際に会って、エッチして解決します。そのような事例のいくつかをサポートの実例で紹介しております。
また、実際にサポートを受けないが、処女喪失を望む女性に対しても、処女から脱出する具体的な方法について説明しています。一言で言えば、女性の初体験をサポートし、処女喪失を応援するサイトです。
主に、女性向けの解説ですが、彼女が処女である男性にも、参考になることがあります。童貞の男性が非処女の女性とセックスするための情報は特に準備していませんが、童貞と処女の初エッチであれば、参考になると思います。なお、アダルト動画(AV)は偏りが大きすぎるため(男性のことしか考えていないため)、何も知らない未経験者がセックスを勉強する道具としては、不適切です。
最後に
本サイトは、脱処女、脱未経験をメインテーマとしていますが、バージンであることは、別に悪いことでも恥ずかしいことでもありません。この点は誤解しないでください。なお、セックスに関する悩みを抱えている女性であれば、初体験以外でもサポートいたします。
関連情報: カームについてもあわせてご覧ください。
閑話
クライアントの多くは、ロストバージンを頼める人がいるなんて思っていなかったとおっしゃっています。それは常識的な反応だと思いますが、男性には、風俗で初体験するという道があります。そのような逃げ道のない女性にこそ、初体験を応援する人、脱処女を応援するサイトが必要なのではと思うようになりました。経験豊富なカームが、貴女の処女喪失を応援します。
ところで、lost virgin は和製英語です。英語では、処女であるという性質(処女性)の virginity と、処女の女性の virgin をはっきりと区別しています。文では、She lost her virginity. となりますが、lost virginity が名詞句として使われるわけではありません。一方、花を散らすことを、deflorate、deflower といいますが、これは処女を犯すことの婉曲表現です。名詞は、defloration です。ですから、女性が自分の処女喪失を my defloration というのは、おかしなことです。なお、Google で lost virgin を検索すると、英語のサイトは、losing virginity で引っかかってきます。
夢、恋、愛、ロストバージン: 初体験のお手伝い
Support for your lost virgin.
Modified at h 24m 18s
Thanks to VlexoFree, defloration calm.
説明: バージンと言い出せないあなた、経験豊富なカームが、痛みの少ない脱バージンを応援します。